×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私の鬱(うつ)と妻の鬱病の治療

私の鬱(うつ)と妻の鬱病の治療 > 妻のうつ病3



〇薬物摂取量

妻の薬物摂取量が半端ありません。
通常1ヶ月における摂取量というのは1ヶ月の範囲で飲んでいくというのが本来のはず。

ですが妻の場合、1ヶ月分の薬をわずか1週間で飲みきってしまっています。
今のままでは将来が非常に不安でなりません。

薬を飲み続けて体に支障は出てこないのでしょうか。
この点、内服薬を処方する心療内科や神経内科の医師は考えていないのでしょうか。
もしくは精神安定剤の類の薬は身体に全く影響がないのでしょうか。

デパスの処方量が異常です。
ただ1クリニックではさすがに1週間分で1ヶ月分の処方を行うことはできないのかもしれません。
1月にいくつかの病院を回っては1ヶ月分の薬をそれぞれもらっているのが現状です。

今後の妻の体が心配でなりません。
いつか倒れてしまうのではないか、
脳への影響はないのだろうか、
といった不安はつきません。

私はどうしたらいいのか分かりません。

〇携帯電話と飲みの誘い

携帯電話ばかり触っています。いわゆる携帯ゲームです。
最近はmixiやモバゲー、GREEといった携帯でコミュニケーションをとれる携帯のゲームやSNSが普及していますが、
妻はそればかりやっています。

自宅にいるときは常に携帯を片手にしていて食事をとる時くらいしか私と妻のいる時間はありません。
携帯電話が妻の鬱病に対してどれだけの効果があるのか分かりませんが、
妻の気分転換になるのならと思い黙っていました。
好きなように時間を過ごして好きなことをしていてもらいたかったのです。

しかしそれが果たして正しいことだったのか分かりません。
今や妻は携帯しか持っていなく私と過ごす時間はほとんどありませんし、
何か話しかけても、また近くによっても携帯に夢中でこれといって反応を示すことはなく、
また反応をしたとしても邪魔そうに私をあしらうに過ぎません。

なぜ夢中になるのか。
携帯のゲームがおもしろいというのもあるとは思うのですが、
そこではアバターを使って他のユーザーとのコミュニケーションがあります。
携帯市場では出会い系は昔からありましたがそれに近いものがあるのかもしれません。
そこで知り合う人たちとのコミュニケーションは実生活では得られないものも多いでしょう。
新鮮な気分になりそこでの人たちとのやりとりに喜びを感じることも否定するつもりはありません。

しかしやはりそれでもこれは正しいのか、自分でも分からなくなっています。
好きなようにやらせて果たしてよかったのだろうか、と。
同時に私が携帯で時間をつぶす妻にこのことを告げれば妻のやりたいことを制限してしまいそうで、
ただそれだけで妻との関係がギクシャクしてしまうことを恐れている自分がいます。

家で過ごす時間が携帯であり、またそれが癒しの時間であるというのならそれを抑えてしまうことが、
妻のうつ病を悪化させてしまう可能性があるのかもしれないと私は常に悩みつつあります。

そんな中、私は以前講義で知り合った女性に飲みに誘われました。
以前からどこか遊びに行かないかという誘いは受けていたものの、
妻がいることから断っていたものです。

ですが私は今妻一人しか相手にしていなく、
せっかくの知人からの誘いを全て断っていて自分の人生、人間性はどうなのだろうかというようにも考えていました。
なので悩みつつも今回の飲みの誘いを受けようと考えていたのです。

知人は結婚しており友人としての付き合いです。男女間のものは一切否定できます。
ゆえに妻に内緒で行くのは嫌だったため、
そのことを伝え、飲みに行くことを告げました。

妻の反応はこうでした。

それならば自分も自由にさせてもらう。
今度からは男と飲みに行っても文句はいわせない。
今までは私が嫌がると思いそういったことはしていなかったと。

そういった回答でした。
私は予想していなかった回答でした。

確かに今まで妻に男性との付き合いをしてもらいたくないという気持ちはありましたが、
そう妻に話したことはありませんでした。ですがそれを妻も感じてはいたと思います。

ですが妻が私が飲みに行くという言葉に対して、
自分も自由にさせてもらう、という返答は非常に悲しいものがありました。

きっと私はこういう回答を期待していたんだと思います。

・行かないでほしい。
・行くのはいいから、絶対変な関係にならないで。

行くのを否定するか、行ったとしても信頼している。
そういった回答を期待していたんだと思います。

知人のいないこの場所で常に誘いを断る私は人間的にどうなのか、
その中で数少ない知人からの誘いを受けようと思っただけで、
極論、どうしても飲みに行きたかったわけではなかったし、
行かないでほしいといわれればそれで終わった話でした。

妻はそう返事をした後、
今まで実家では自分の居場所がないと言っていたのですが実家に帰り泊まると言いました。

私は、妻との関係に自信を失いつつあります。

妻のうつ病の治療を行う上で私はいかなるときにも感情的になってはいけません。
また追求をすることも許されません。否定することも許されません。
なぜならそうした一言で妻は絶望に陥り嘆き耳を塞ぎ、
私と二人で生活することができなくなってしまいます。

しかし正直・・、私はつらい。

携帯での遊びはやめるようしたほうがいいのか。
飲みの誘いは女性であるならばいかなる場合でも断るべきだったのか。
何をしたらよかったのか。どうすればいいのか。
分からない。

うつ病の症状はその人の感情表現すら変えてしまう。
今の状態がよく落ち着いていてとてもかわいく見えるときもあれば、
その後には全く豹変し別人のように恐ろしい態度をとったり、
そうかと思えば嘆きふさいでしまう。

長年付き合いなれたと思っていました。
しかし、しかしどうすればいい。
どうすればいいのか分からない。

>これに対するkakiさんからのメッセージ

はじめましてこんばんは。
はじめてコメントします。

私も2年前の今頃に喘息症状から鬱と診断され
半年ほど通院と薬を服用していました。
現在は仕事を再開し、
薬も飲まない状態で生活しています。

携帯電話に夢中な奥様の日記を拝見しました。

私にも思い当たることがあります。
私が鬱と診断され仕事をやめ自宅治療中の時は
自宅PCでオンラインゲームに夢中でした。
朝も昼も夜も関係なく続けていました。
私も既婚者で夫がいますが
夫を全く無視し、ゲームばかりしていました。

ですが、それも治療の一環だと思って
見守るしかないと思います。
私はゲームに夢中になったおかげで
鬱から改善していったと思っています。

なぜゲームに夢中になったのかわかりませんが
鬱以前の友人達から距離をおきたかったのです
もちろん、夫を筆頭に
全く知らない友人との関係が
奥様にとって楽しいと思えることならば
夢中でいさせるべきだと思います。

私がそのゲームそをしている時は
声を出して大笑いしていました。
夫は、笑っている私を喜んでいました。
声を出して笑えることが、薬以上の特効薬だと思いました。

擬似恋愛もそうだと思います。
女性は感覚で恋愛を楽しめる生き物なので
恋をした瞬間から脳物質が変わり
女性ホルモンのおかげで色々といい効果がでます

浮気を進めているわけではありません。
鬱症状が治まりはじめると、擬似恋愛も終わります。

こちらのサイトを拝見して
当時の夫の心境を考えさせられました。
夫も辛く寂しかったんだろうなと思いました。
ですが、私が鬱になった原因は夫とのこともあります。

奥様と私とは全く別者だと思いますが
改善を望むのであれば
楽しんでいるものを
辞めさせないほうがいいと思います。

なので、
ご主人さまもご自分の趣味や楽しみをみつけることをオススメします。

気分を害されたなら、先に謝ります。
夫婦長く仲良く暮らしていかれたいとお思いなら
全く別の趣味で
お互いが楽しく過ごすのもありだと思います。